トップメッセージ

このページを印刷

一覧へ戻る


亀田メディカルセンター看護部長 丸山祝子

柔軟性とチャレンジ精神を胸に一緒に成長していきましょう

亀田メディカルセンター看護部長 丸山祝子

医療の多様化のなかで人としての心を大切に

亀田メディカルセンターの看護のフィールドは、多岐にわたります。第3次救急を受け入れる救命救急センターでの急性期看護から、リハビリ病院の回復期看護、そして今後ますますニーズの高まる分野である在宅看護まで、幅広い分野でたくさんの先輩たちが活躍しています。
医療の高度化・複雑化が進むなか、患者さまのニーズも多様化しており、看護師に求められる役割や能力は拡大する一方です。
このような環境だからこそ、私たちは、患者さまの安全と質の高い医療を最優先に考え、心を込めて寄り添うことのできる看護を目指しています。看護は人と人との関わりそのものです。患者さまの気持ちを尊重し共感するというプロセスを大切にしながら、患者さまと響きあうことのできる看護の楽しさをぜひ感じてほしいと思っています。

手厚いバックアップでさらなるキャリア形成へ

看護の楽しさを実感し、自信を持って看護をしてほしいという想いから、当院では継続教育を充実させ、サポート体制の強化を行っています。
手厚い新人教育はもちろん、キャリア開発の仕組み「キャリア・アドバンス・システム」を通して、看護実践能力のレベルアップを支援するほか、セルフケアサポートとして、プリセプターや臨床心理士、チャプレンといった人たちがいつでも相談に乗れるような体制になっています。
さらに当院は、2009年に日本で初めてJCI認証を受けました。これは、世界約80ヵ国の医療機関の医療や患者安全の質を評価している機関からの認証を受けたということです。つまり、国際的にも私たちの医療、看護の質が認められたということなのです。
これらのことは、「質の高い看護を提供したい」「自己の能力を最大限発揮したい」などの個人のニーズを満たすことにもつながっていくことでしょう。

柔軟性とチャレンジ精神でつねによりよいものを目指す

当院の理念の中に、「固定概念にとらわれないチャレンジ精神」というものがあります。変わらずにいることは、世の中の変化の中で後退することにつながると考えています。守るべきところは守り、変えるべきところは勇気を持って変えていけるフレキシブルな場所、それが亀田メディカルセンターです。現在でも、いろいろなアイデアを個々で出し合って改善し、自分たちがやりたいことを実現しています。
穏やかな美しい太平洋の海原を目の前に、自然が織りなす四季折々の景観に触れながら、皆さんが描いている看護への「夢」を実現させるために、看護実践を通して一緒にチャレンジしていきませんか。


一覧へ戻る


  • お電話でのお問い合わせ・お申し込み フリーダイヤル:0120-27-3140
  • スマートフォンサイトのご案内
  • エントリー(応募)
  • イベント・見学会お申込み
  • お問い合わせ・資料請求

医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター

医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929番地 TEL:04-7092-2211(代表)


PAGE TOP